小矢部川河川敷からの日の出

雨晴へ
田尻池へ
石畑池へ。。。思い悩んでいたらお寝坊さんでして

小矢部川河川敷から撮影

立山連峰の稜線が見えている朝焼け
05:48
画像


西の空にはお月さま
画像


ちょっと位置修正
05:56
画像


小矢部川をどこに入れたらって ぐるり回ってみました
で、この位置にしたのですが
日の出と鉄柱が絡み合ってなんか変
しかし、時間が間に合わないし。。。と決定
画像


06:13 雲が焼けてきました
画像


06:25 毛勝山から日の出
画像


06:39 いったん雲の中に隠れたら
劔岳が浮き上がるように斜光となった
画像


06:48 雲の上からの日の出
画像


1時間 日の出ショーは大満足ということにしときましょう


この後 仕事をたっぷりこなしてました
午前中は蒼空がみえて 快晴
午後から強風、そして横殴りの雨風にと変わり
夕方にはみぞれに 雪が降ってきました 

天気予報は ほんとうに大当たりでして。。。
室温20度でストーブの恩恵も、足下には届かず寒い さむい
積もることはないだろうと思ってはいるのですが
さて どんなもんですやろうか


さてさて
東日本大震災から1年

昨年の今日は、富山市野中の「白鳥の里」でコハクチョウの飛翔を撮影していました
えっらく たくさんの飛翔風景を撮らせてもらって大満足し
帰路 車のラジオから 地震発生のニュースを聞いていました

時間経過とともに津波の悲惨な状況を知ることとなり
ついで 次から次へと 被害の大きさが伝わってきて
何が どうして どうなったのか
これからどうしたらよいのか
私にできることはなんだろうか


自然は とても美しい
しかし 慢心の間隙をぬって脅威を見せつける

だが その大いなる脅威 驚異に
古から 
私たちの祖先は立ち上がり 立ち向かい 前へ 前へと進んで生きてきた

この一年間で
哀しみを乗り越えて 復興へと力強く生きていく感動を見せてもらった
これからも きっと 
遅れている復興事業や様々な困難をも 乗り越えて
新しい生き様を発見し 
手と手を携えて ともに活路を進んでいけるだろうと信じている

そして 
やはり 自然は美しいのだと 心から言えるようになりたい

この記事へのコメント

2012年03月12日 12:23
震災から1年。
遅れましたが、今朝、読経しました。 人類の驕りと天罰でしょうか。
しっかり反省したいのに、志賀原発は今だに、工事していると聞きました。
早く除却してほしいものです。
えこ
2012年03月12日 19:58
昨日の朝はきれいな空だったのですね、午後からは去年を思い出したように涙雨のように[大荒れ]でしたね。
私も2時46分に黙祷しました。

去年の3月11日の前の日に黒山の鳥が山からどこかへ飛んで行き、気持ち悪いなと思っていました。
次の日はいつものようにテレビのドラマとラジオ
と同時に聞いていました。
ちょうど金曜日でリクエストした覚えがあります。
そのときの[ラジオたかおか]のフリーの車さんが
そのとき声が出なくなったそうです。
9日の番組でそのこと話しておられました。
私はあの日から弟と息子のことが心配で毎日[ぼー]となり、それからはリクエストもここ1年余りしていませんでした。
その車さんも3月いっぱいで15年間の番組が終わるそうです。
ここ1年回りもいろいろありました。
むつみさん、ごめんなさい、長い文になり。
空飛びミッキー
2012年03月12日 20:38
むつみさんに教えられたデジブック、ブログにも貼り付けてみました。まだまだ恥ずかしいばかりですが…。昨日は午後に田尻池に行きましたが、強風と冷たいみぞれまじりの雨でしたね。白鳥たちの旅立ちはいつになるのでしょうね?白鳥のいなくなった田尻池、山田川、石畑池…想像するだけでさびしくなります。
 愛する家族を津波で失った方々の悲しみ、寂しさはいかばかりなのでしょうか。白鳥でこうなのですから。
 野生の鳥たちに様々なことを教えられます。何よりも生きるたくましさを。いつかまた、どこかの池でお会いしたいですね!
2012年03月12日 23:43
Pearswordさん
えこさん
空飛びミッキーさん
コメントありがとうございます。
いろいろなことを学んだ一年でしたね。。。