啓蟄(開始)

画像掲示板

朝はあめ
青空も見えるが、急な雨に、強風に、そして午後からは雪(霰)もふって
寒い。。。
午前中はね、スーパーにお買い物
特売日だったので
寒かったが気分よくおでかけできました・・・帰宅して録画していたテレビを見てると
なんだかおやつが欲しい。。。
ってんで、氷見のオオハクチョウをみにでかける

まず・・・数日前には14羽いたのに、いつもの水田にいない

十二町潟へ
まずは椿
2020-03-05 15-19-33.JPG

スズメの大群です
2020-03-05 15-22-53 (2).JPG
ミサゴもいるが 強風に煽られてました
2020-03-05 15-21-33.JPG
ツグミはひっそりと風よけ
2020-03-05 15-23-19 (3).JPG


今日は二十四節気の 啓蟄 だが
まるで春の嵐
北海道では積雪も厳しいらしい

十二町潟のカモたちは、いつものとおりって感じ
オナガガモが元気
2020-03-05 15-46-56.JPG2020-03-05 15-49-38.JPG2020-03-05 15-49-39 (3).JPG
2020-03-05 16-28-08.JPG

キンクロハジロ、ホシハジロ、オオバン、コガモ、マガモなどもいたが
キンクロハジロをメインに撮影
2020-03-05 15-43-00.JPG

さて オオハクチョウです
4羽の親子がおりました
10羽のオオハクチョウは、田尻池に集合? それとも もう北帰行に
明日もこの嵐の状況は続くらしいし もう少しオオハクチョウの姿を見てみたいなぁ(^▽^)
2020-03-05 15-35-32.JPG2020-03-05 16-16-21 (2).JPG

カワセミが飛んでいった
見えるかなぁ
2020-03-05 15-43-39.JPG

15分ほど 大粒の霰が降るなか 梅の撮影
エナガがきてくれました
2020-03-05 16-01-46 (3).JPG2020-03-05 16-01-53 (3).JPG2020-03-05 16-02-23.JPG

そして くるまへと戻り・・・あれ? オオハクチョウが見えない
と思ったら、奥のほうからやってきた
2020-03-05 15-43-17.JPG2020-03-05 16-28-37 (2).JPG


明日は仕事だし
朝からは行かれないし、午後にまたでかけてみようっと

今日は二十四節気の啓蟄ってことでしたが
啓蟄の意味を「虫が春を感じて穴からでてくること」の意味だとおもってた。
ググってみたら
啓蟄は、二十四節気の第3。二月節。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意味で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」という意を示す。春の季語でもある。 現在広まっている定気法では太陽黄経が345度のときで3月6日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。 ウィキペディア

そして3月5日は啓蟄の開始で3月20日が終了なんだって

知らないで使っている言葉はけっこうたくさんあり、もういっぺん調べなおすって興味深いことよね


2019/10/15より 画像掲示板 http://www.jpdo.com/sk404/183/joyful.cgi に変更します。 よろしくお願いします(*^o^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント